H 体 験 ? 談 掲 示 板


  • 《最新の投稿から5件》

削除 中1の時にあった話

  • by SSS at 4月8日(月)11時18分
  • Number:0408111858 Length:1866 bytes

中1のある日俺は友達のノブの部屋で俺、ノブ、かいと、こうた、もときの5人で一緒に遊んでいた。
突然ノブが「やべぇ、たってきた」と言い出して他の4人はノブの股間に注目してだんだん雰囲気がエロくなってきた。もときはノブの股間を揉みながら「ビンビンやん、でか笑」と言っていた。そしてノブが「じゃんけんで負けたやつに電気あんま5分間やろうぜ」と言い出し、みんなはエロい空気になっているから当然やるやるって言う感じだった。そしてじゃんけんをやった結果俺が負けてターゲットになった。でも内心めちゃくちゃうれしかった。それぞれの役割はノブが電気あんまをやる係で右手を押さえるのはかいと、左はこうた、そしてもときはスマホで動画を撮っていた。こんなエロい状況に俺は興奮しまくりですでに股間は半だちだった。撮影係のもときはすでにそれに気づいていて俺に「Sたってるじゃん笑興奮してるの?笑」と言いながら俺の股間を触った。それで俺は完全に勃起した。俺はちゃんと気づいていたがこの時すでにみんなの股間はテントになっていた。そしてノブの「Sを気持ちよくさせるぞー笑」という掛け声で電気あんまがスタートした。ノブの電気あんまはちんこの部分にピンポイントでやさしく刺激をあたえてくるからめちゃくちゃ気持ちよかった。もう俺の股間はビンビンで自分で見てもすごいテントだった。かいととこうたは横から「S気持ちよさそ〜」と言い、もときは「S気持ちよさそうだよもっと激しくやろうよノブ」と言った。ノブは電気あんまやりながら俺に「S気持ちいい?」と聞いてきた、俺は「やばい気持ち良すぎよ笑」と素直に言った。そして3分すぎぐらいから激しさが増してきた。おれはイキそうになってきた。ノブともときは「Sがイクまでやろう」と言い出した。そして6分すぎぐらいに俺は気持ちよさに我慢できずイってしまった。そして、終了しみんなすごいエロい雰囲気になった静かになっていたがもときとノブは嬉しそうだった。そしてその後ノブともときとで3人でトイレに行ってもときとノブにシコってもらった。その後ノブともときもシコりあっていた。俺は気持ちいい電気あんまでイけてさらにノブともときにもシコってもらえて今でも忘れることができない最高な1日だった。


削除 人生初彼氏

  • by shinchan at 4月8日(月)03時05分
  • Number:0408030240 Length:3495 bytes

これは私の初体験の時のお話です。

あれは小学6年生の時のことです。
その日はいつも通り友達と公園で遊んでいました。
いつもと違うことといえば、黒い車が止まっていたことです。

私たちはその車に傷をつけない様に、大人しく遊んでいました。
遊んでいたら、車から強面の男が出て来ました。
誰かと電話していた様でした。
その男は電話が終わるなり、こちらに近づいて来ました。
こっちに近づいてくると、男は話しかけてきました。

男「◯◯さんって知ってる?この団地に住んでるらしいんだけど。」
私「知らないです。」
男「そっか、ごめんね、遊びの邪魔して」

この時私たちは知らない人に話しかけられて、困惑していました。
しかし、男の人も離れて、遊ぶのを再開できると思った直後、

男「君(私)、可愛いね!、何年生なの?」と聞いてきました。
私「6年生です。」
男「そうなんだ、若いね〜、」 私「はい笑」

話している時は友達も隣にいたのですが、その男は大胆にも
私の股間を触ってきたのです、私は驚いて動けませんでした。
その時、男はでかいねとか良いねとか色々言ってきました。笑
しばらくすると、

男「ごめん、ちょっと◯◯さん探したいから一緒にきてくれない?」といってきました。
私は初めてのことで動揺していて、おじさんに着いていくことしかできませんでした。
団地の中に入り、階段の踊り場に着くと、急におじさんが
男「ここなら人が来ても、ギリ大丈夫かな〜、君名前教えてよ!」
私「Tです。」
男「そっか良い名前だね!T君、大人のちんこ興味ない?触ってみなよ」
そう言って、男は私の手を自分の股間に持っていきました。
男の股間はとても固かったです。
私「固くておっきい。。」
男「でしょ?実際に見てみる?」 私「はい」
おじさんはチャックから大きいちんこを出しました。
自分のとは違う、鬼頭が露出していて、大きくて大人を感じました。
触った時とても固く熱く太く感じました。
するとおじさんが
「ちんこしゃぶってみない?、」と聞いてきました。
私は興味が湧いてきたので、しゃぶることにしました。
男「最初はゆっくりで良いからね!」
男「そう!良いよ〜、あぁ〜気持ちいぃ!ホントに初めて?」
私「初めてです〜」
男「今日はありがとう!ちょっと今日は時間ないからこの辺で
終わりにしよう!連絡できるの何かある?」
そう言われ、私とおじさんはを連絡先を交換して別れました。

ちなみにおじさんはRさんという方で、35歳くらいです。

後日私はあの日のことを忘れられず、よくないとは思い
ながら、Rさんに会うことにしました。

R「久しぶり!この前はありがと!、
また会えて嬉しいよ!車乗ってゆっくりしよ!」 私「はいー」

R「やっぱりT君可愛いな〜、T君キスしよ?」
濃厚なディープキスをしました。
その時私のちんこはガチガチに勃起していました。笑
R「ごめん、俺もっとT君としたい、ズボン脱いで」
ここからはRさんにまかせました。
最初はキスをしながら乳首をいじられ、次第に手は下に。
慣れた手付きで愛撫してきました。
Rさんは私のちんこを握ってきました。
R「T君のちんこエロいね!気持ち良い?」私「気持ち良いです。」
そのまま私はRさんの手でイってしまいました。そして今度は私の番。
Rさんのちんこをしゃぶりました。Rさんは相当たまっていたのか、すぐに
イッてくれました。
R「今日もありがとね!、T君が良かったら何だけど、俺と付き合わない?」
私は少し考えました。が、私は安易に考え、返事しました。
私「はい!よろしくお願いします。」

こうして私とRさんは付き合うことになりました。
12歳で人生初の彼氏が出来ました笑
しかし、このRさんとは1週間後に別れました。
理由はRさんとの行為の後罪悪感があったからです。
そんなこんなで私と彼は終わりになりました。

これは後に分かったことですが、彼はヤクザで今までも
私の様な年齢の子とやっていたことがわかりました。それと
殺人も犯していた様で、捕まったとかなんとか笑

あれから恋人は作っていませんが、好きな人がいます。
その人とお付き合いした時にこのことを言うべきか考えものです笑
初彼氏がとんでもない人でびっくりしたお話でした!








削除 夏合宿の後で 7

  • by 孝輔 at 4月7日(日)14時25分
  • Number:0407142543 Length:5556 bytes

ここまでは、随分前に書いたものさね!
今回はこの"夏合宿の後で"の翌年の話しさ!

夏合宿は、超ハードだ!

朝陽が上る前なのに叩き起こされ、まずは筋トレから始まり、朝飯後に少しだけ寝てまた筋トレ。そして練習。太陽が真上にあっても、太陽が沈んでも、それを朝昼晩繰り返すわけよ!
なんで、合宿が終わる頃には、肌は真っ黒になるだけはなく、体がひと回りはデカくなる。

合宿前のが完全に入らなくなってしまう…。

と言うわけで、新しい短パンやタンクトップやフッパンの下に履くビキニの海パン等を買いに出かける事にしたわけさ。

理由はさっき言った通り、合宿で体がデカくなってしまい、持ってたのが窮屈になったから。
特に短パンとハーパンは、太腿がひと回りデカくなったせいで裾が窮屈になって、無理矢理履くと裂けそうだったんだ。

それに、股間の膨らみなんて気にする事なく、年がら年中腰周りがピチピチの裾をロールアップしたハーパン&裾を股スレスレまで切り取った短パンのどちらかを履いて生活(大学にも買い物にも!)してたからね!

で、そのハーパンをロールアップして履いて、今回は胸周りが窮屈だったんで脇をザックリ切り取ったタンクトップを着て駅へ。

周りからの視線を感じながらも、いつもの事と気にせずにホームへと下り、丁度着いたばかりの電車に乗り込んだんだ。

電車の中は、座席が空いてない。立ってる人も多い。

「仕方ないか…」

やや満員の電車に乗っていると、駅に着く毎に乗客が増えてくるのは仕方ない。
しかし、今日に限って3つ目の駅でドッと客が乗り込んできた。
前から後ろから人が入って来て、結果隙間無く体と体が密着状態。
余りの窮屈さに、俺は腕を上げて目の前の吊り革の棒に捕まり、冷風が出る所に顔を向けた。

視線を下げると、目の前は人の頭だらけ。

「はぁ…」

溜め息を付きながら涼んでいると、誰かが俺の背中を触っているのがわかり、ゆっくりと振り向くと、女子高生が手のひらを背中にあてていたんだ。

「あっ、スミマセン…掴まるところが無くて…」
「気にせんでよかよ!タンクトップに掴まっとかんね!」
「ありがとうございます。」

暫くすると女子高生が「ありがとうございました」と言って電車を下りて行った。

しかし、また客が増えてしまい、完全に身動きが取れなくなってしまう。

「はぁ…」と溜め息をつきつつ冷風に顔を向けていると、股間に何かが当たっている感触が。

満員だから仕方ないか、と何も考えずにいると、股間に感じる"手"らしき感触。

「え?」

と下を見ても密着状態で見えない。
目の前には女の子…女の子の隣はハゲ頭のオジサン…女の子の反対側にはその女の子と話す女の子…

え?誰?後ろ?いや、違う…背中に感じるのは後ろの人の尻と背中だ…

股間に当たっていたのが手のひらだと確信したのは、俺の股間が鷲掴みにされたからだ。

「おっ…え?」

突然鷲掴みにされ、思わずビクッと体を震わせたせいで、視線が集中。

「スミマセン…ははは…」と誤魔化していると、ガタンと電車が揺れて手のひらがどこかへ。

ホッと溜め息を付いて、内心『ビックリした…』と思っていると、再び股間に手のひらが。

『え?また…』

今度は鷲掴みにしただけじゃなく、揉み始めた。

モミモミ…

辺りに視線を向けても、誰が揉んでるかが判らない。

手のひらが、更に股間を揉む。

内心『ウワッマジや…チンポ勃ちそう…てか、勃ち始めとる…ヤバかっ』と思いながらも、どうする事も出来ない。

自分のチンポが勃起し始めているのが判ったものの身動きがとれず、手を下ろそうにも隣の人達が密着していて下ろせない。

「はぁ…はぁ…はぁ…」と息使いが粗くなっても、周りの人達は気付いてないようだ。

既にチンポが勃起してしまった。

手のひらは金玉を揉み、真ん中から右を行ったり来たりしている。

時折亀頭の裏スジ辺りを集中してスリまくり、直ぐに真ん中へと手のひらをスライド。

またチンポの先端へと手のひらを動かすと、ギュッギュッと竿の大きさを確認するかのように握りしめる。

『ああっ…あ…あ…ん…ああ…』と、周りに気付かれないような小さな声で喘ぎ、息使いは粗くなっていった。

モミモミモミ…と金玉を揉み、シュッシュッ…と手のひらがチンポの形に沿って動き回って、俺はイキたいのを我慢し続けた。

『はぁ…はぁ…ヤバイ…耐えろ…耐えろ』と小さな呟き声で、呪文のように唱え続けていると、体が熱くなってきた。

汗ばんでくるのが判るくらいに体が火照り始めている。

腰を引こうにも身動きがとれず、俺は天井を見上げて『ヤバイヤバイ…イキそう…』と呟き、体を震わせた。

すると、股間にあたる手がスッと何処かへ。

「え?」

内心、ホッとした。

すると電車が駅に着いて、扉が開くとまた客が。

更にギューギューの電車内。

チンポが萎え始めて、ホッとした瞬間に再び手のひらが股間を鷲掴みにしてきたんだ。

『ウソやろ…また…』と呟いていると、さっきよりも大胆に揉み始め、勃起するなりチンポをシコシコし始めた。

『はぁ…はぁ…ヤバイ…ヤバイ…』

どうする事も出来ない状態ながらも、余りに上手いシコシコに、俺の体は再び火照り始めてしまう。

「はぁ…はぁ…ああ〜ああ〜…」

周りに気付かれないような小さな呟き声をあげながら、俺は天井を見続けた。

「はぁ…はぁ…はぁ…」と息使いが粗くなればなるほど、周りの人がチラチラ見てくる。

そして『あっ…イクッ…』と思った瞬間、俺は血管が浮かぶ腕に力を込め、右腕の力こぶで口をふさぐようにして、体をプルプル震わせてしまった。

体が脚がプルプル震える。

ハーパンの中のビキニの中が、ジュワッと濡れていくのを感じて、『ヤバイ』と焦ってしまう。

『堪えろ…堪えろ…これ以上射精はまずい…堪えろ…』

結局、射精を堪える事が出来ず、俺はビキニブリーフの中に射精してしまった。

しかも、尋常じゃない量の精液を出してしまい、ビキニの中から溢れた精液が太腿を伝ってクツの方へと流れていく。

周りに独特の匂いが拡がり、ざわつき始めた所に駅に到着。

俺はカバンで股間を隠しながら電車から下り、逃げるように改札口にぬけてトイレへと急いだ。

個室に入ってハーパンの中を見ると、
「こ…こがん出たと?出過ぎやろ…」
と、思う程の量の精液で、ハーパンも中に履いていたビキニの海パンも全てが精液にまみれ、個室は凄まじい匂いでいっぱいになっていた。

「マジかよ…あれが痴漢…恐ろしい…でも、上手かったな…揉みかた…」

"はぁ〜"と溜め息をつきながら、カバンからタオルを取り出して精液を拭き取り、入れっぱなしだった短パンをノーパンで履いて駅を後にしたよ。
逃げるようにね!



削除 夏合宿の後で 6

  • by 孝輔 at 4月7日(日)14時18分
  • Number:0407141846 Length:5617 bytes

激しくピストンしまくってたら、雄也のチンポがムクムクと大きくなり始めた!
俺のピストンに合わせて雄也のチンポが揺れ、亀頭の割れ目から我慢汁が溢れだし、ツーッと糸を引き腹に垂れ落ち始めた!
俺は、雄也の背中に手を回すと、後ろに体を倒し、雄也の腰を掴んで激しくチンポを突き入れた!
雄也は
「うあーっ!あっい…痛…痛…や…やめ…ヤメて…やめ…ああああーっ」
と、顔を歪めて苦しそうに痛がってた。
しばらくすると、
「はぁ…はぁ…はぁ…ああ〜ああ〜…あ…あ…ああっいっいあああーっ…ああっ…ああっ…ああっ…いっいいっ…ああっ…いっ…いっあああーっ…」
ヨダレを垂らしながら目がうつろになっていた!
雄也のチンポは、ビクンビクンビクンビクンと跳ね上がったりしながら、絶えず我慢汁をダラダラダラダラと溢れさせ、俺の腹に垂れ落としてたよ!
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!
激しくピストンしまくってたら、雄也のチンポが太さを増したと同時に、亀頭の鈴口からダラダラダラダラダラダラダラダラと、白濁した精液を垂れ流してしまった!
雄也が射精することでギュッとアナルが締められ、俺は、
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…
 ああっああっ…ああっ…しっ締ま…あああーっ…イッイクッイクイクイクあっイッイグッ!」
雄也を持ち上げてチンポを抜いたのと同時に、俺のチンポはベチッと腹筋に当たり、飛び散るように1弾目の精液をぶっ放し、その精液は頭を越え、顔、顎、肩、胸、腹筋に。

それから直ぐに残りの精液が、ビュビュッビューッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビューッビュビュッビュビュビュビュッビューッと次々に何度も何度も噴出し、凄い大量の濃い精液を辺り一面に飛び散らせてしまった!
雄也は、グッタリと俺の上に倒れ込んだ!
お互いの荒い呼吸がハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…と部屋に響く!
雄也の筋肉と俺の筋肉が触れ合い、俺はなおさら興奮!
雄也を抱き起こして後ろに倒し、足首を持ち上げ、精液でヌルヌルになった俺のチンポをアナルにあてがうと、ひと息に突き上げた!
雄也は「ああああーっ…あああ…あああーっ…あーっあーっあーっいーっいいっ…」
もう感じまくっていた!
雄也の背中に手を回し、俺が後ろに体を倒す!
そして下からチンポを突き上げ、ピストンをしまくった!
雄也は、腰を自分で動かし始め、アナルを締めたり緩めたりと、俺を刺激する!

俺はあっという間に絶頂を迎え、外に射精する間もなく、雄也の中に射精してしまったんだ!
ビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッ
ビュビュッビュビュッビューッビュビュッと流し込んだ!
それでも興奮が止まらないし、チンポも萎えない!
そのままピストンを続けた!
騎乗位、松葉崩し、駅弁など体位を変えまくり、俺は雄也を攻めあげた!
雄也との結合部は泡立ち、
グチャグチャグチュグチュグチャグチャグチュグチュ
グチャグチャグチュグチュグチャグチャグチュグチャグチャ
卑猥な音が響きまくってたよ!
雄也は、体位を変える度に射精しまくった!
俺も、同じように射精しまくってしまい、やっと萎えたんだ!

俺は、雄也を抱きかかえて浴室に行き、精液まみれの体を洗ってやり、自分の体もキレイに洗った!
結局、直ぐに俺のチンポがガチガチに勃起してしまい、朝日が登るまで雄也を犯しまくったんよ!
雄也は、
「チキショウ!孝輔にやられた!」
「雄也!元はと言えば、わいが俺の体ば弄んだけんやろ?俺ば欲情させたお前がわるい!」
「ええっ? そうなん? でもアナルば犯すことなかやっか!(怒)」
「しーらねっ! また、犯してやろっか?」
「わーっ! 孝輔、ゴメン! 勘弁してくれ! もう言わんけん!」
そして、俺達はチェックアウトし、朝飯を食って帰ったよ!

俺は家に着くと、部屋に入りセミビキニを穿き替えて、屋上に上がると、ビーチマットを敷いて爆睡したよ!
汗をダラダラとかいて寝ていたら、チンポが疼いてきた!
俺は、ガチガチに勃起したチンポをセミビキニ越しに握り締め、
片方の手で金玉袋をモミモミと揉みまくった!
暫くして、セミビキニの中に手を突っ込み、
改めて竿を握り締め、金玉袋をモミモミと揉みまくったよ!
そして、竿を激しく上下に扱きながら、乳首をコリコリと摘んだ!
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァああっ…あああーっ…
 ハァ…ハァ…ハァ…あああーっ…いっ…あああーっ…
 あああーっ…イッイクッイクイクイクあっイッイグッ!」
発射の瞬間、俺は金玉が上がらないようにギュッと握り締め射精した!
ビュビュッビューッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビューッ
ビュビュッビュビュッビューッビュビュッビュビュッビューッ
精液は弧を描き、顔、胸、腹に大量に飛び散った!
そして、金玉を握り締めたまま、2回戦、3回戦、4回戦、5回戦目の射精を終えた!

「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」
余韻に浸りながら、握り締めた金玉袋を解放した!
金玉がググググッと上がり始め、もの凄い何とも言えない感覚が全身を走った!
「あああああああああああああああーっ…あーっあーっあーっあーっあーっいーっいいっいいっいいっイクイクイクイクイクイクイクイクイクあっーイッイグッ!ガッ!」
竿に凄い血管が浮かび上がり、亀頭の割れ目がパクッと開いたかと思ったら、飛沫をあげるように、ビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッ
ビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッビュビュッ
ビュビュッビュビュッビュビュッビューッビュビュッと精液を吹き上げてしまった!
吹き上がった全ての精液は、頭を越えて全部頭の後ろに飛び散ったんだ!

やっとチンポが萎えた俺は、体に飛び散った精液を拭き、セミビキニを穿くと部屋に下り、シャワーを浴びに階段を下りて風呂場に行ったよ!
誰もいないからシャワーを浴びた後、真っ裸で階段に向かっていたら、玄関が開き、オフクロと近所のオバサン達がいて、「キャーッ」
オバサン達は叫びながら、指の間から俺の裸を見てたよ!
オフクロの顔は真っ赤になり、「こーすけーっ! あんたはーっ!(怒)」
俺に跳び蹴りを食らわした!
俺はぶっ倒れ、オフクロに耳を掴まれ、部屋まで引っ張って行かれた!
オフクロは、俺を部屋に蹴り入れると、
「家の中でもパンツくらい穿かんね!(怒)」
バタバタと下に下りると、オフクロは、オバサン達に謝ってたよ!
次の日、近所を歩くだけで、オバサン達の色目が凄かった!
商店に入り買い物しレジに行くと、クスクス笑いながらオバサンが、俺の股関を指差して、「デカかとてね!」
近所のオバサン達の伝達の早いこと速いこと! 暫くは言われまくったよ!


削除 夏合宿の後で 5

  • by 孝輔 at 4月6日(土)14時07分
  • Number:0406140700 Length:3805 bytes

雄也は、指先で亀頭の割れ目を触ると、我慢汁を指先でクリクリして上にあげ、我慢汁が糸を引くと「スゲェ、粘りのスゴかばい!」と言い、そして舌先で俺の亀頭の裏スジをチロチロと攻撃してきたんよ!
俺は耐えきれずに、
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…やべー…ハァ…ハァ…あっあああ…あっやべーよ! ああああっやべーって!」
雄也は、攻撃をやめた!
トランクスを脱ぎ捨てた雄也のチンポは、ガチガチに反り返り、タラーッと我慢汁が糸を引いて垂れ下がってた!
すると、雄也はチンポを俺のチンポに重ね合わせ、お互い我慢汁の出ている亀頭と亀頭の裏スジ同士を擦り合わせた!
俺はスゴい快感に、
「ああああっやべーやべーやべー…ああああっああああっイッイクッイクイクイクイクイクイクあっあああイッイグッ!」
雄也もほぼ同時に
「ああああっああああっあああ…あっイッイッイクッイクイクイクあっ!」
雄也の精液は、ビューッと俺の顎まで跳び、胸、腹に飛び散った!
俺の精液は、ビュビュッと顔面に跳び、残りは胸、腹、肩に大量に飛び散った!
雄也は、精液まみれの俺にグッタリと覆い被さってきた!
俺達はハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…と、射精の余韻に朦朧としていた!

雄也が立ち上がり、
「あーっスッキリしたばい! シャワー、シャワー!」
俺は立ち上がり、シャワーに行こうとした雄也の腕を掴み、ベッドに引きずり戻した!
俺は雄也の抵抗を押さえつけ、アナルに指を突っ込んだ!
「うわーっ! 痛いっ痛いっ痛いっやめろーっ!」
「雄也! 俺の体ば弄んで、ただで済むて思っとらんやろうな?」
まだ酔いが回ってる俺は鼻息荒く、力の加減がわからないまま、雄也のアナルをこねくり回し、ズボッと引き抜くと、指を2本にして、改めて突っ込んだ!
「うわーっ! 痛いっ痛いっ痛いっ痛いっ痛いって! やめろーっ!」

5分くらいアナルをこねくり回し続け、ズボッと引き抜いた!
雄也は「うっ!」と小さく声をあげた!
ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…と、雄也は息を荒げている!
俺の興奮は最高潮に!
雄也の足首を持ち上げると、ガチガチに反り返るチンポを下向きにして、雄也のアナルに宛がうと同時にねじ込んだ!
「ギヤーッ、いっイッテェー! 痛いっ痛いっギヤーッ!」
雄也は絶叫し、気を失った! 俺は、容赦なくピストンしまくった!
ピストンしながら、少しずつ奥へ奥へとねじ込んだ!
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
雄也のアナルは、グチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャグチャと卑猥な音をたてる!
30分くらいピストンしまくった!
俺は汗だくになりながら、
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ…イッイクッイクイクイクあっイッイグッ!」
俺はアナルからチンポをズボッと引き抜くと、雄也の体に射精した!
俺の精液は、雄也の顎、胸、肩、腹に飛び散った!

射精が終わると、まだまだガチガチに反り返るチンポを雄也のアナルにあてがうと同時に、再びねじ込んだ!
雄也の体がビクビクビクッとのけぞった!
俺は容赦なくピストンしまくった!
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!
結合部は、泡立ち、卑猥な音をたてた!
グチャグチャグチュグチュグチュグチャグチャ
グチャグチャグチャグチャグチュグチュグチュ
俺は、激しくピストン運動しながら、雄也の乳首を摘んだり、小さくなったチンポを握ったりした!
15分くらいピストンしまくってたら、雄也の亀頭の割れ目から、精液がダラダラと溢れ出し、腹筋の上に垂れ落ちてたよ!
俺は、
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ああっ…いっいいっ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァああっ…ああっ…イッイクッイクイクイクあっイッイグッ!」
俺はチンポを引き抜くと、雄也の体に射精した!

その射精に酔いしれていると、雄也が目を覚ました!
「うっ…尻の痛か!」雄也は、自分のアナルを確認すると、「うわーっ! 何か変になっとる! うんぐ…」俺は雄也の口を塞いだ!
そしてベッドに倒すと両足首を握り締め、股を開くと、チンポをねじ込んだんよ!
雄也は、
「うわーっ! うっ…うわーっ! んぐっ…ああっ…いっ…」
俺がもの凄い速さでピストンしまくってたら、雄也は顔を手で覆った!
雄也の息が荒くなり、
「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ああっ…ああっ…ハァハァハァハァハァハァハァハァ…ああっ…いっいいっ…」
雄也は、俺のピストンに感じていた!


■削除したい投稿をチェック(同一削除キーの場合は複数選択可能)し、その投稿の削除キーを入力してください.
 削除キー